もしもあなたが、『お子様の免許』についてお考えだとしたら…
下記「A」「B」どちらのチラシの自動車学校に通わせますか?




イメージを伝えたい!
ウラ面は白い方が喜ばれるはず!
いろんな人に読んで欲しい!
電話番号を掲載しとけばよい!
4色カラーが見栄えがよい!
  情報をタップリ伝える! 
◎ウラ面も会社の特徴が満載!
◎ターゲットは学生さん
返信ハガキですぐ問合わせできる!
2色でコストダウン! 




反応のあるチラシには法則があります。その法則とは?








イメージチラシとは、「紙面の半分以上が写真やイラストで占められ、企業イメージを伝えることを主としたチラシ」のことです。貴社のチラシの目的は何でしょうか?





「女性も男性も、若い人もお年寄りも、主婦も社会人も…、みんなが見てもらいたい!」そんな感覚でチラシをつくっていませんか?ターゲットは広い方が反応が上がるのでしょうか?





「前回反応が良かったから、今回も日付とタイトルを少し変えとけばいいだろう!」このようなマンネリ、手抜きの感覚でつくったチラシが、果たしてお客様の心に響くでしょうか?





「今回はたまたま結果が悪かっただけ。次はもっとたくさん、そしてカラーチラシでもっと見栄えよくつくろう!」と勧められたことないですか?カラーチラシだと、反応は上がるのでしょうか?





「○○キャンペーン+商品名+価格+連絡先」このようなチラシを自己満足のチラシと呼ぶそうです。お客様がチラシ通じて知りたい情報は、本当にこれだけでしょうか?





貴社のチラシは、担当者の方が一人でつくられ、専門知識や用語がたくさん載っていませんか?そのチラシは“何も知らない素人”が見たとき、分かりやすいでしょうか?





チラシをつくるには、広告代理店や印刷会社など、“専門家”の協力が不可欠です。しかし彼らは、“チラシの反応を上げる専門家”と呼べるのでしょうか?





値引きが横行している昨今において、「値上げ」した方が反応が上がることがあります。これは一体どういうことでしょうか?





「興味はあるけど、何だか電話はしにくいし、かといってお店に行くには抵抗があるし…まあ今回はいっか」あなたもチラシを見て、このように感じたことはないでしょうか?





「チラシの効果は目に見えないので測りようがない」と、チラシ業者の方はよく言われます。しかし、大金をかけたチラシの成果が、そのように漠然としていてよいのでしょうか?